保険・節約・保険見直し・生命保険・医療保険・赤ちゃんの医療保険・がん保険・学資保険・自動車保険

健康診断で異常あり! その2

健康診断で異常あり! その2

私、乳がんかもしれない!


時間が経つほど、怖くなってきた。


ネットで調べてみると、エコーやマンモグラフィで異常がみつかった場合でも、実際には良性の場合が7から8割と書いてある。


自分の場合は大多数の方か、少数の方か…。









健康診断で乳腺外科での精密検査の指示を受け、まずは病院を探さなくては!


これもネットで調べてみる。
「もしも悪性だったときを考えて、治療もできる病院を受診するように」とクリニックの先生に言われたこともあり、大学病院にした。




乳腺外科の予約は、約2週間後。

その間もネットで見てみると、多くの女性が健康診断で引っかかっていることがわかる。
そして、悪性の人もかなり多い。

もし、悪性だったら?


仕事は続けられる?


家のローンがたっぷり残っているのに!


がん=抗がん剤=脱毛するよね=かつらってどうする?


ぐるぐるとそんなことを考えていた。


仕事先には、休暇をもらい、事情を話して検査を受けに行った。




大きな大学病院で、乳腺外科でも名が通っているので、患者さんが多い。


検査着に着替えて、廊下で順番を待つ。




予約はしていたが、30分以上待って、やっと呼ばれた。

紹介状とともに渡していた画像を見た先生が、エコーの検査を受けるようにと仰ったので、再度検査室の前で待つ。

名前を呼ばれて、検査室へ。


エコー検査は、痛みもないのでリラックスして受けられる。


しかし、無言で画像を記録しているのがとっても不安感をあおる。



検査が終わり、みたび廊下で待つ。


隣に座った、モデルのようなきれいな若い女性が、本を読んでいた。


きれいな横顔だけれど、ニット帽から見える髪は人口毛のようだ。


急に「ああ、ここは同じような不安を抱えた人、病と闘っている人がいる場所なんだ」と実感が沸いてきた。




20代の若い女性から、80代と思われる女性まで、さまざまな年齢の人が、順番を待っている。


でも、意外に皆さん明るい表情に見えるような気がする。


付き添いで着ているご主人のほうが、居心地が悪そうな、不安そうな表情をしているのが気の毒な気がしてきた。




私より後から検査を受けた人が、ひとり二人と呼ばれていく。


「なんか、やな感じだな~」
と思っていたら、やっと呼ばれた。




「しこりがあります」


「画像では、良性、悪性の区別がつかないので、詳しく調べるために針を刺して、細胞を調べます。」


きれいな女医の先生が、淡々と説明してくれる。


まるで、テレビドラマを見ているような感覚。


『こんなに簡単に、がんかもしれません』って言うんだ…なんて考えていた。


「もし、悪性だった場合、ちょっと進んでいるかも知れません」


ステージ4と言ったような気がする。


そこで思考が少し止まった気がする。


え?ステージ4って、末期じゃないの?


先生、「死んじゃうかも」って言ってるの?




後から思い返しても、やっぱりそう言ったように思う。


悪性だった場合の、治療について

手術⇒放射線治療のパターンと、

抗がん剤⇒手術⇒放射線治療のパターンと

乳房を切除したときは、放射線治療がない。


最悪の場合は緩和ケアって言うのは、なんとか理解できた。


針で組織を取って、「悪性なのか、悪性の場合のタイプ」を見てから詳しく治療方針を決めるそうだ。

最後に、「でもね、今はまだ『疑い』ですから」って仰るけど、その前に、ステージ4って言ったよね???って。。。




針生検の予約と、結果を聞く日の予約をして、その日は帰宅した。

そういえば、20代後半か30代くらいの男性も受診していた。


検査室に呼ばれていたので、しこりがあったのだろう。


乳がんは女性だけの病気ではないとは聞いていたけど、本当なんだ。



この日かかった費用

初診・検査費用:2,810円

思ったより、安かった。


健康なうちに、病気になったときに備えてくださいね。


保険cafe









よろしければ、こちらもご覧ください。
医療保険についてはコチラ
がん保険についてはコチラ

コメント


認証コード3503

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional