保険・節約・保険見直し・生命保険・医療保険・赤ちゃんの医療保険・がん保険・学資保険・自動車保険

健康診断で異常あり!  ※近況報告※

健康診断で異常あり!  ※近況報告※

前回の記事で、診断確定を受け、MRIの予約と手術の予約をしたところまで書いて、そのあとずいぶんとあいてしまった。


本来は、時系列で書いていきたいことろなのだが、取り急ぎこれまでのことを、かいつまんで書いてみます。


検査の結果、ホルモン型と呼ばれる乳がんで、部分切除をした。



その後、切除した側の乳房に、放射線治療を受け、女性ホルモンを阻害する薬を飲み続けている。



現在は、手術してから約7か月。体調はすごく良い状態。



いま振り返ると、放射線治療中は疲れやすかった。
普段、甘い飲み物はあまり飲まないが、オレンジジュースが飲みたいと思ったのが不思議だった。



放射線治療が終わって、一週間くらいすると、重い上着を脱ぐように、日に日に身体が軽くなるような気がした。



月が経つと、前月より更に体が楽になるのがわかった。



そのころになると、健康診断で異常が見つかってから、心も体も疲れていたんだなぁって。


手術前から、アルコールを控えていたが、手術後も飲みたい欲求が減っている。
実は、アルコールが身体にあまり合わなかったのかもしれない。

手術後、1週間で仕事に復帰し、放射線治療は朝受けて、お昼前に出勤するスケジュールを、会社が認めてくれた。
ただただ、感謝です。


支払われた共済金は、
診断金、入院、手術、通院(医療の特約があったため)などで、思った以上に支払われた。
放射線治療も、受けた放射線の量が規定以上だったので、手術と認められて、その分も支払われた。


がんの種類や部位によっては、長期の入院や化学治療で、高額な費用が必要になるけれど、私の場合は、そこまでかからなかったので、余った分は「いざ」の時のためにとっておく。



高額医療費制度にも助けられた。


入院までに時間がある人は、ぜひ先に申請することをおすすめします。

自分の治療がひと段落したのはいいのだが、相変わらず仕事が忙しい上に、実家の親が体調を崩しているので、手伝いも必要な状態で…。



なかなか更新できないのが、もどかしい感じがする。


ウコンについては、手術を受ける前までは、こまめに飲んでいました。
検査から手術まで、3か月あったのだが、手術直前に少し小さくなっていると、先生がつぶやいた。


それが、ウコンのおかげなのかはわからないが、私そう思っている。



経過観察になった今でも、錠剤に変えて、一日三回飲み続けている。



風邪や疲れで、ちょっと体調が悪かったり、痛いところがあるたびに、悪い妄想に襲われるが、処方薬とウコンで、「私は大丈夫!」と言い聞かせている。



もう少し落ち着いたら、ゆっくり振り返って記事にしていきたいと思います。



健康診断で異常がなかったあなた!
今がチャンスです。
病気になってからでは、保険に入るのが難しくなります。

健康なうちに、見直しや検討をするようにしてくださいね。



取り急ぎ、近況報告まで。

心配してくださった方、ありがとうございました。
私は、元気です!

この場を借りて、御礼申し上げます。


うさろうる。

コメント


認証コード2578

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional